ニュース

宮城地域自治研究所の方々と復旧・復興について現地視察調査

投稿日:2013.10.20

 宮城地域自治研究所は、20数年前から宮城県内の地域自治に関する実践的研究を行っている有識者によるチームであり、当日は、本校の吉田旺弘名誉教授や舛岡和夫名誉教授をはじめ研究所からは13名、工大からは8名が参加しました。

 雄勝の現状を知っていただくための現地視察調査では、おがつ店こ屋街にて雄勝硯生産販売協同組合の澤村理事長、木村副理事長、千葉事務局長から雄勝玄昌石や雄勝地域の歴史、被害状況や復旧状況などをお話しいただきました。

 その後、屋根がスレート葺きで改修中の元桑浜小学校や大須浜漁港を視察したり、本雄勝の新山神社で雄勝法印神楽の奉納を見学したり、店こ屋で特産物の買い物をしたりしました。

 昼食には雄勝の各浜のお母さん方で結成している「おがつスターズ」の料理、雄勝では普段食べている家庭料理とのことでしたが、雄勝ならではの魚介類を使った美味しい郷土料理を振る舞っていただきました。

 帰りのバスでは、参加者が感想や意見を述べあい、雄勝石産業だけでなく、食や生産、祭りやコト、まちづくりなど、様々視点での意見をいただくことができました。今後の活動を進めるにあたって、多くを取り入れていきたいと思います。

SONY DSC

SONY DSC

20131020c

Copyright © 2018 雄勝いしのわプロジェクト All Rights Reserved.

PAGE TOP