ニュース

工房パーゴラ設営

投稿日:2014.09.06

 工房間を作業しやすくすることや夏場の強い陽射しよけが不可欠なことから回廊型のパーゴラを学生と教職員の手作りで作ることにいたしました。実施日は9月3日、4日の2日間で素人による製作であったので、地元大工棟梁の下村氏の協力をしていただき作業をしました。

IMGP8286

IMGP8263

IMGP8443

IMGP8455

一番苦労したところは、独立基礎設置で、そもそもこの地は、元総合支所があったところで、基礎部の残骸があったり、砕石が厚く、つるはしでの掘り起こし作業が長く続きました。何といっても基礎がしっかりしないと上部がゆがんでしまうので、学生全員がつるはしとスコップを使って汗だくでの作業となりました。

木部製材はこれまで本学と長いお付き合いをしている津山木工芸品事業協同組合元理事長である西條孝一氏が手掛けている製材所で学生と教員も参加しての8月21日からの作業でした。インターシップの受け入れ先でもあり、何かにつけてお世話になっているところです。いずれにせよ雄勝の他に関連する周辺地域の方々、地元の大工の方々の協働による作業であり、感謝しております。今後はC棟全体前まで延長する計画も視野に入れています。

IMGP8561

IMGP8569

Copyright © 2018 雄勝いしのわプロジェクト All Rights Reserved.

PAGE TOP