ニュース

雄勝石を使ったモノづくりワークショップ(卸町5丁目仮設住宅にて)

投稿日:2014.09.10

 昨年に続き、若林区中央市民センターからの仮設居住者への支援要請を受け、9月6日に卸町5丁目仮設住宅集会所にて菊地・伊藤研究室学生が参画してワークショップを実施しました。

内容は、雄勝石の未利用材を活用し、器や写真立て等のモノづくりを行いました。参加者は3歳~80歳代の男女約20名。皆さんは2時間半程熱中して各々オリジナルなモノづくりを行い、満足感あふれるコメントが多く、また作りたいとの声もありました。尚、未利用材活用としてキット商品化を目指す私どもにとって実現化の目途が見えた気がします。

IMGP8659

IMGP8799

IMGP8676

IMGP8926

工房パーゴラ設営

投稿日:2014.09.06

 工房間を作業しやすくすることや夏場の強い陽射しよけが不可欠なことから回廊型のパーゴラを学生と教職員の手作りで作ることにいたしました。実施日は9月3日、4日の2日間で素人による製作であったので、地元大工棟梁の下村氏の協力をしていただき作業をしました。

IMGP8286

IMGP8263

IMGP8443

IMGP8455

一番苦労したところは、独立基礎設置で、そもそもこの地は、元総合支所があったところで、基礎部の残骸があったり、砕石が厚く、つるはしでの掘り起こし作業が長く続きました。何といっても基礎がしっかりしないと上部がゆがんでしまうので、学生全員がつるはしとスコップを使って汗だくでの作業となりました。

木部製材はこれまで本学と長いお付き合いをしている津山木工芸品事業協同組合元理事長である西條孝一氏が手掛けている製材所で学生と教員も参加しての8月21日からの作業でした。インターシップの受け入れ先でもあり、何かにつけてお世話になっているところです。いずれにせよ雄勝の他に関連する周辺地域の方々、地元の大工の方々の協働による作業であり、感謝しております。今後はC棟全体前まで延長する計画も視野に入れています。

IMGP8561

IMGP8569

雄勝プロジェクト食のワークショップ(公益財団法人  みやぎ・環境とくらし・ネットワークMELON参画)

投稿日:2014.09.02

 本ワークショップは、雄勝の食文化を伝承しつつ再生を目指そうとしている「おがつスターズ」の食に触れ、これからの雄勝地域の再生を一緒に考える目的で行われました。

IMGP8057

IMGP8082

MELON(みやぎ・環境とくらし・ネットワーク)の参加者は22名、震災後の雄勝地区に初めて入った方々もおり、現地の被災状況を視察しその後に、おがつスターズのオリジナル料理を食べ、作り手のお母さん達との意見交換を行いました。

IMGP8127

料理に対しては大変美味しいとの声がほとんどであり、もっとアピールしてほしいとのことでした。尚、おがつスターズは、今後古民家を再生した漁家レストランを2~3年後に立ちあげたいとのことであり、雄勝石を使用した食器とのコラボレーションも視野にいれているとのことでした。

Copyright © 2018 雄勝いしのわプロジェクト All Rights Reserved.

PAGE TOP